店舗DIYで予算を抑える方法

お問い合わせ窓口:06-6362-7245

店舗DIYで予算を極力抑える方法

店舗DIYについて

店舗DIYとは、お店の内装や外装を業者に頼らず、自分でできる施工箇所は、自分で施工するのが「店舗DIY」という考え方です。店舗DIYならば、予算を極力抑えて開業できますし、こだわりのお店を持つこともできます。
店舗DIYで予算を抑える 自分で内装や外装をお手伝いした分だけ、予算を抑えることができます。店舗DIYサービスでは、オーナー様が店舗DIYしていただくことを前提に、可能な限り、予算を抑えて開業できるようにお手伝いしています。
こだわりのお店を持つ 小物やワンポイントを店舗DIYするだけでも、お店の雰囲気やイメージは大きく変わります。全体の施工管理や電気・ガス・水道などのプロが手を入れる必要がある施工箇所は、店舗DIYサービスでご支援しますので、オーナー様のこだわりを店舗DIYしてください。

店舗DIYできる箇所とできない箇所について

店舗DIYできるのは、オーナー様が希望される施工箇所で、私たちが指定する箇所だけとなっています。希望される施工箇所には、とても危険な箇所がありますので、基本的に店舗DIYできるのは、危険の及ばないエリアになります。店舗DIYしたいという希望があっても、ガスや電気の配線や水回り、電気工事関係、証明工事などの資格が必要な箇所や火災などの危険がある箇所、強度が必要な棚や床、クロス張りなどのお客様から見える施工部分は、店舗DIYできません。 施工計画が最優先 店舗DIYで予算を抑えると言っても、施工計画が最優先です。実際上、業者がやった方が早い施工箇所が数多くありますので、施工計画と折り合いをつけることができる範囲で、店舗DIYすることが大事になります。なお、実務的には、打合せをしながら、店舗DIYできる箇所を私たちが指定しますので、指定箇所を店舗DIYしていただく流れになります。

店舗DIYしても予算が抑えられない場合もある!?

店舗DIYすれば、必ず予算が抑えられる訳ではありません。店舗の現況次第では、ほとんど店舗DIYできる施工箇所がない場合がありますし、店舗DIYしても私たちのコストが削減できない場合があるからです。 赤字にならない限りは、私たちも努力します 店舗DIYで予算を抑えると言っても、施工計画が最優先です。実際上、業者がやった方が早い施工箇所が数多くありますので、施工計画と折り合いをつけることができる範囲で、店舗DIYすることが大事になります。なお、実務的には、打合せをしながら、店舗DIYできる箇所を私たちが指定しますので、指定箇所を店舗DIYしていただく流れになります。

厨房機器も自分で探してください

厨房機器を私たちのほうでご用意すると、高値で販売しているのではないか、と言われることがあります。私たちが厨房機器をご用意する場合には、実費以外のフィーを頂戴することはありませんが、インターネットで安い厨房機器を探すことは簡単ですので、自分で安い厨房機器を探すことをオススメしています。 厨房機器の探し方について 厨房機器はとても壊れやすい設備です。電気容量や寸法なども調べる必要がありますし、中古の厨房機器の場合は、特に注意して購入する必要があります。

居抜物件も予算を抑えるのに有効です

居抜物件をご存知ですか?居抜物件とは、前オーナーの設備や内装・外装をそのまま使える店舗のことです。高額な設備や厨房機器を活用できるので、オーナー様の人気が高い物件です。私たちには、非公開の居抜物件の情報ルートがありますので、お声掛け下さい。 居抜物件で損しない方法について 立地条件がよい居抜物件が見つかっても、ムリは禁物です。なぜなら、水周りやガス設備がない居抜物件である可能性があるからです。簡単な見分け方は、前オーナーの業態が物販店舗かどうかを調べることです。 店舗DIYで予算を抑える方法について