居抜物件で設備投資を抑える方法

お問い合わせ窓口:06-6362-7245

居抜物件で設備投資を大幅に抑える方法

居抜物件の活用法

居抜物件とは、お店の内装や厨房機器、設備をそのまま使える店舗物件のことです。居抜物件なら、最初から内装や設備がそろっているので、必要最小限、手を入れるだけで開業できる物件もあり、大幅に予算を抑えて開業することが可能になります。 現況の確認が大事です 現況の内装や設備を、手を加えずに、そのまま使える居抜物件はほとんどありません。特に前オーナーが焼肉店や中華料理店の場合は、油まみれになっているので、設備の洗浄や買い替えが必要になる場合がありますし、前オーナーが物販店舗の場合には、トイレや厨房などの水回りやガス設備がなく、造作に多額の予算が必要になる場合があります。現況を確認して、不必要な設備投資が必要ない居抜物件を選ぶ必要があります。

非公開の居抜物件もご紹介できます

居抜物件は、現在も営業中という店舗もあって、非公開で情報が回っている物件があります。 設備の状態がよく、立地がよい居抜物件は、特に非公開となっています。 スピード勝負 非公開の居抜物件の情報で、よい条件の物件は早い者勝ちでなくなっていきます。また非公開の居抜物件は大手のチェーンから優先的情報を流れていくので、入手することはかなり困難です。私たちには、居抜物件の情報を入手できる複数のルートがありますので、お声掛けください。

内装や外装はどの程度改装した方がいい?

設備がそのまま使える居抜物件であっても、看板代や一部の内装、外装など、必ず必要になる費用があります。 オーナーが変更になったことを、お客様が分かる程度に改装することをオススメしています。 オーナー変更をアピールできる改装 前オーナーと全く同じ内装や外装では、オーナーが変更になったことを、お客様は分かりません。業態やメニュー、コンセプトが変更になったことをお客様に伝えるためにも、必要最小限の内装・外装の変更は必要です。店舗DIYサービスでは、費用対効果を考えたご提案を致しております。

居抜店舗の方が高くなる場合も・・・

前オーナーが物販店舗だった場合には、トイレなどの水回りやガス設備を設置する必要があるので、貸店舗で開業するよりも予算が高くなる可能性があります。また前オーナーの設備は基本的に買取の場合が多く、状態がよい設備は買取金額も高額になりますので、予算が高くなる可能性があります。 水回りなどの基本設備は必須 何度もお伝えしているように、居抜物件を探す際には、水回りなどの基本設備の有無の確認は必須です。また電気やガス容量が低い物件の場合には、別工事が必要になる可能性もあります。 設備の買取金額は交渉次第 前オーナーの設備を買取する場合、その金額はある程度交渉できます。買取金額が高過ぎるときには、買取せずに改めて設備を購入する方が安くなる場合もあります。

居抜物件を購入する際に交渉できること

設備の買取金額以外にも、皿や鍋などの備品も買取できる場合があります。お店のイメージや雰囲気に合わない備品の場合には、買取をお断りすることもできます。 交渉次第では、備品が無料に・・・ 物件オーナーにとって、前オーナーのお皿などの備品は場所を取るだけなので、交渉次第では、無料でもらえる場合があります。購入すると意外に高価な備品もありますので、要不用を見極めましょう。 居抜物件で投資を抑える方法について