居抜物件の活用法

お問い合わせ窓口:06-6362-7245

居抜物件で設備投資を大幅に抑える方法

居抜物件の活用法

居抜物件とは、お店の内装や厨房機器、設備をそのまま使える店舗物件のことです。居抜物件なら、最初から内装や設備がそろっているので、必要最小限、手を入れるだけで開業できる物件もあり、大幅に予算を抑えて開業することが可能になります。 現況の確認が大事です 現況の内装や設備を、手を加えずに、そのまま使える居抜物件はほとんどありません。特に前オーナーが焼肉店や中華料理店の場合は、油まみれになっているので、設備の洗浄や買い替えが必要になる場合がありますし、前オーナーが物販店舗の場合には、トイレや厨房などの水回りやガス設備がなく、造作に多額の予算が必要になる場合があります。現況を確認して、不必要な設備投資が必要ない居抜物件を選ぶ必要があります。